福島市、整体、操体法、活法、腰痛、ぎっくり腰、肩こり、坐骨神経痛、五十肩、骨盤矯正、顎関節症、膝痛、首の痛み、変形性股関節症

筋トレと整体

筋トレと整体

南福島整体院の大内です。



体の痛みというのは体からのメッセージだと思うのです。

風邪をひいたとき、初期の症状は体が重だるかったり、喉に違和感があったり、寒気がしたりといろいろなメッセージを体が出して警報を鳴らしているといえます。

せっかくそのような大切なメッセージが出ている時に無理をしてしまうと、症状が悪化してしまいます。

1日寝ていれば回復したかもしれない症状が、無理をすることによって3日ぐらい寝込むことになるかもしれません。


体の痛みも同じことがいえます。

痛いというメッセージは「動かさないでくださいね」ということかもしれません。



昨日の膝痛のクライアントさんも整形外科を受診して、「筋肉が弱っているから、筋トレをして鍛えなさい」と言われたそうです。

クライアントさんは言われた通りに「筋トレをしなくちゃ」と思いさっそくジムに行きました。

ジムに行ってトレーナーさんにも「膝の痛みは筋肉が弱っているからです」といわれたそうです。

早く治したい思いで筋トレをはじめました。

でも筋トレをはじめてからさらに膝の痛みが悪化したとのことで、いまはジム通いもやめているようです。



膝の状態を確認させていただくと腫れが出ていました。

筋トレで悪化したのかどうかはわかりませんが、腫れているということは足首でいえば捻挫をしている状態です。

クライアントさんにも捻挫をして足首が腫れ上がっているときに筋トレはしますか?

という質問をさせていただきました。



体のどの部位でもそうですが、動かしてかなり痛いということは「動かさないでください」というメッセージなのではないでしょうか。(矛盾するようですが痛みが少なくなってくれば動かしたほうが早くよくなる場合もあります。)

筋肉が弱って痛みが出るよりは硬くなって痛みが出ることの方が多いように思います。

そして痛みがあるときには、急性期は安静、少しずつ痛みが取れてきたら重い負荷をかけて筋トレするのではなく、負荷をかけないで筋肉を伸び縮みさせてあげて動かしてあげるというのがよいのではないかと思います。





お陰様で有難うございます。(^^♪


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional