福島市、整体、操体法、活法、腰痛、ぎっくり腰、肩こり、坐骨神経痛、五十肩、骨盤矯正、顎関節症、膝痛、首の痛み、変形性股関節症

からだに良い姿勢とは(2)

からだに良い姿勢とは(2)

南福島整体院の大内です。




前回の続きです。




質問を受けたクライアント様にお仕事中の姿勢をお聞きすると「椅子に浅く掛けて猫背にならないように意識して胸を張るように座っています」とお答えいただくことが多いです。

ご来院されるクライアント様の多くが車を運転して来られます。

車のシートに座ってお尻を背もたれの後ろまで引いて、背中をシートにあずけると自然と背中は少し猫背にならないでしょうか?

胸を張って座ろうとしても、そのシートの形状では胸を張れないのではないかと思います。

車を長距離運転しようと思うと1時間から2時間ぐらいはその同じ姿勢で運転出来るのではないかと思います。

車のシートは同じ姿勢を長時間保てるために設計されていて、カタログなどには「人間工学に基づいて設計されています」という内容もよく目にします。

そのときの姿勢というのは「すこ~し猫背」になっていないでしょうか?

胸を張って見た目が綺麗な姿勢で車を運転しようものなら、15分か20分で腰が痛くなってきそうですね。

シートに座った時の姿勢が「すこ~し猫背」だから1時間や2時間は同じ姿勢でいられるのではないでしょうか。

画像の説明

お仕事中や自宅で椅子に座る時にも、胸を張った見た目が良い姿勢や極端な猫背ではなく生理的弯曲を保った自然な姿勢がよいのではないかと思います。




powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional