O脚改善と姿勢

O脚改善コース

ただいまO脚改善コースの受付はしておりません。

O脚矯正



あなたの膝は正面を向いていますか?

まずは、鏡に向かって足をそろえて立ってみてください。
それでは膝の向きを見て下さい。
膝は正面を向いていますか?

膝が内側を向いて、膝の間があいていれば内股O脚です。

O脚で来院される皆様に、「O脚はガニ股だと思いますか?
内股だと思いますか?」と質問をするとほとんどの方が
「ガニ股」と答えます。膝の間が開いているからガニ股
なのではなく内股なのです。「ガニ股だから内股にしよう」と
思っていると余計に内股O脚になってしまいます。

土踏まずのアーチはありますか?

足を少し開いて立ってみてください。

土踏まずはつぶれていませんか?

通常、土踏まずがつぶれていれば偏平足といわれるものですが
その土踏まずのつぶれがO脚の原因かもしれません。

土踏まずの縦アーチがしっかりしていれば、股関節が原因の
O脚かもしれません。

下のどれかをクリックしてみて下さい。
O脚改善例 O脚改善例 O脚改善例 O脚改善例 O脚改善例

当院のO脚改善

当院のO脚改善は上記のように個人によって違う、O脚の原因に
なっている部分を調整することにより改善を目指します。
「機械を使って30〜60分締め付けるだけ」のようなことはしません。
すべて手技により行います。

来院は週に1回の来院で10回〜15回を目指します。

カウンセリングは無料ですので、まず「改善可能かどうか見てほしい」
という方はお電話でご予約ください。




姿勢改善

姿勢改善

左の写真を見てください。
よく見えないかもしれませんが、くるぶしのやや前方から垂直の線があります。プライムラインといいます。

良い姿勢というのは、このプライムラインがくるぶしのやや前方→膝の中央のやや前方→大転子→肩の中央→耳の中央を通過します。

人は上からの重力に抵抗しながら生活をしています。
外部からカラダにかかる力を外力、神経系からの命令で筋骨格系から生み出される力を内力とするならば、カラダの直立を保つためには外力の和に対して同じだけの内力が必要になります

悪い姿勢を続けていると、外からの力に対して内力としての筋骨格系が頑張って対抗しています。対抗しきれなくなると、その筋骨格系がコリ、痛みをだしてしまうということになってしまいます。

姿勢は見た目だけではなく、このようなカラダのコリ、痛みにも関係しています。





ご予約はお電話にて!